ラジオニクスボードの自己ヒーリングでの使い方

ハイパーラジオニクスボードの基本的な使い方

ラジオニクスボードを自己ヒーリングに使う

今回は、ハイパーラジオニクスボードを自己ヒーリングに使う方法をまとめていきます。

直列ボードに足を乗せるのが基本(・∀・)b

写真は3枚のボードが写ってますが、普段は陰陽を上下に2枚重ねて足を乗せて使ってます。たまに、このボードの上に立って自己ヒーリングをすることもありますが、僕はデスクワークがメインなので、足元に置いて足を乗せて仕事をしてます^^

立つ・座るはどちらでもOKなんですけど、足を乗せるというのが基本ですね(o^-’)b

並列ボードで陰陽バランスを取る☆彡

1日1回ほど、陰陽ボードを左右に並べて、そのうえで座禅を組んでヒーリングをしてます。これは、自分の意識・エネルギーの陰陽バランスを取るのに最適です。

陰陽バランスは中庸とも言いますが、とても重要なワークなんですね。

とかく人間は負に傾きがちなんですけど、それを正の方向に傾けながら丁度良いバランスに保っていくことが、人生の醍醐味でもあります。

否定的な考えをしてしまったり、スグに感情的になったり…。これは陰陽バランスが悪いからなんです。そうすると、人間関係に摩擦が生じてしまうんです。

僕はこのハイパーラジオニクスボードを使って、陰陽バランスを取るようにしてます。

意識を向けて特定の調整をする

足を乗せて、目を閉じ、ボードに意識を向けます。そして特定の調整をかけたりもします。意識を向けると言っても難しくはないです^^ 心の中でボードに話しかけるように唱える(?)感じで、意図を伝えるだけです。

例えば、チャクラ調整(・∀・)b

「第1チャクラを活性化」と心の中で思います。そうすると、第1チャクラ付近のエネルギーがグワァ~ってなります^^ こんな感じで第7チャクラまでやっていきます。

そして最後に、「7つのチャクラのバランスを取る」と伝えます。これ、チャクラ調整においては重要です(・∀・)b

「私はこのチャクラが弱いと思うから…」と第●チャクラを活性化する方法を模索するんですね。でも、特定のチャクラだけを活性化させていくと、逆にアンバランスになって心身のバランスを崩してしまいます。

チャクラは1つ1つの大きさよりも全体のバランスが重要(・∀・)b

なので、必ず最後にバランスを取るようにするんです。1つ1つは少しずつ大きくしていけば良いので、焦らずにバランスを取りながらエネルギーを大きくすれば良いんですね^^

色々な用途に使えて便利です

こんな感じでハイパーラジオニクスボードは、自己ヒーリング全般に使えるので、とっても便利です^^いちいち高額なワークショップやセッションに参加しなくても、自分がしたいことを伝えるだけで調整が可能なので、長期的視野で見れば、とても安上がりなんですね。

自己ヒーリングだけでなく、他にも色々な使い方があるので、また別記事で紹介していきたいと思います♪

ハイパーラジオニクスボードの詳細ページ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


5 + 5 =

上の計算式の□に半角数字で入力後、
コメントを書くボタンを押してください。

ページ上部へ戻る